白髪染めで若々しい髪を手に入れよう

白髪染めにもいろいろなタイプのものがあります

白髪染めは、白髪を自分の好きな色に染めることができる薬剤です。一般の白髪でない髪の毛を染めるのに使用されるヘアカラーでは、白髪とそうでない髪の毛の色がムラになってしまうのに対し、白髪染めで染めるとそのような色ムラがでにくくなっています。

白髪染めにもいろいろなタイプがあります。2剤や3剤を混ぜて使用するものや、毎日使用して少しずつ染めていくもの、あるいは塗るだけで白髪が目立たなくなる部分染め用の白髪染めなどもあります。

薬剤を混合して使用するタイプは、一回できれいに染め上がるのが特徴です。その後は髪の毛が伸びるのに合わせて定期的に染めていきます。少しずつ染まっていくタイプの白髪染めは、刺激の少ない成分で作られているものが多いようです。

今までの白髪染めとは一線をかしてきた

従来の白髪染めは、頭皮や髪の毛に対する刺激が強く、頭皮がかぶれたり、髪の毛がパサパサに乾燥する上、1週間も経過すると、色浮きしてしまったり、髪の毛が生えてきた根元が白いままだったりと、きれいに白髪を染めた状態を保つのは、なかなか難しいことでした。

そんなニーズに答えるために、各社から通常のトリートメントの代わりに使用する、白髪染めトリートメントが数多く発売されました。

シャンプー後、髪の毛の水気をとり、白髪染めトリートメントをまんべんなく塗りこんで、ヘアキャップなどで色を浸透させれば、白髪が染まり、トリートメント効果で髪の毛もしっとりツヤツヤになるのです。

ただ、使用するたびに少しずつ白髪が染まるタイプが多く、一度の使用で白髪が完全に染まることは少ないです。しかし、頭皮環境を考えると、白髪染めトリートメントを利用する方が、刺激が少ないため、髪の毛の健康を長く保つことができるでしょう。